琴・三味線の販売、修理専門

小田急線・京王井の頭線「下北沢駅」徒歩5分

  • 〒155-0032 東京都世田谷区代沢5-29-2
  • 03-3412-4671
こちらはプレビュー画面です

創業・明治34年 琴・三味線 修理・販売

12C: Medieval Period

Koto’s spread to the public because of the culture sustained by merchants
After the unification of the nation by Oda and Toyotomi, Edo-era began and the culture sustained by merchants reached its peak. People who played Koto were monk at first but then changed into musicians. Yatuzaki who is the origin of Kyoto’s famous sweets is one of the musicians. He was a musician who lost his sight when he was a little and he studied Tsukushi-Ryuso-Kyoku under Hosui. He generated new compositions of Koto by improving Tsukushi-Ryuso-Kyoku. He produced expressive and skilled way of playing and also made the series of compositions and the basis of certain type of songs called Dan-mono.

This is the way how Koto started to be spread to all over Japan from Kyoto.

The appearance of Yamada school and Ikuta school
When Joruri which is human-feeling-based narratives with puppets were popular around Kyoto, Yamada made Yamada school compositions based on the Joruri in Edo(Tokyo). Furthermore, Ikuta improved the way of tuning of strings and the way of playing to suit the ensemble with Shamisen (Japanese traditional instrument). He composed many famous songs and they are called Ikuta school. Upper-classed merchant made their daughters learn Koto and it became a custom among them around this time. The latter half of Edo-era, very famous songs which were constituted by three different parts were born

The change from one melody to several
Yaezaki made this change by composing songs to be played with Shamisen. By this change, the level of ensemble was dramatically risen. In Kyoryu-Tegotomono which were songs such as “Wakana”, ”Keshi-no-hana”, and “Yugao”. Even now we can enjoy these songs at the concerts. The power of expression of Koto was brought out by musician such as Mitsuzaki and Yoshizaki. There are many love-themed songs, for example Godan-Kinuta which expresses the women’s feelings. Kinuta is a stone to make cloth smooth by tapping, and women think about the person who will wear that and whom they love while they use it.

  • 三味線・琴 修理ご希望の方
  • 商品のご案内 琴の販売
  • 三味線販売 商品のご案内
  • 初めての方へ
  • 職人紹介

news更新情報

2022.11.30

和楽器花梨長唄三味線が売却されました。有難うございました。

2022.11.26

三つ折軽量ケースが売却されました。有難うございました。

2022.11.24

三味線付属品販売の軽量長ケースが売却されました。有難うございました。

2022.11.22

三味線リサイクル品のNo1628(紅木津軽三味線)が売却されました。有難うございました。

2022.11.19

三味線付属品販売の軽量長ケースが売却されました。有難うございました。

2022.11.18

三味線付属品販売の軽量長ケースが売却されました。有難うございました。

2022.11.18

三味線付属品販売の津山撥が売却されました。有難うございました。

2022.11.15

三味線リサイクル品のNo1607(紅木津軽三味線)が売却されました。有難うございました。

2022.11.15

三味線リサイクル品のNo1611(紅木津軽三味線)が売却されました。有難うございました。

2022.11.15

三味線リサイクル品のNo1603(紅木津軽三味線)が売却されました。有難うございました。

2022.11.15

三味線リサイクル品のNo1627(紅木津軽三味線)が売却されました。有難うございました。

2022.11.13

和楽器三味線販売の紅木津軽三味線が売却されました。有難うございました。

2022.11.10

三味線リサイクル品のNo1619(紅木津軽三味線)が売却されました。有難うございました。

2022.11.09

三味線リサイクル品のNo1610(紅木津軽三味線)が売却されました。有難うございました。

2022.11.07

紅木津軽三味線のNo1610,No1619,No1628のご予約をいただきました。

 

2022.11.05

和楽器琴販売の短琴4面が売却されました。有難うございました。

 

2022.11.02

三味線付属品販売の軽量長ケースが売却されました。有難うございました。

2022.10.31

和楽器三味線販売の紅木津軽三味線が売却されました。有難うございました。

2022.10.28

和楽器琴販売の紅木上角琴が売却されました。有難うございました。

2022.10.25

三味線付属品販売の長唄用撥が売却されました。有難うございました。

2022.10.24

琴リサイクル品のNo7226(花梨角巻琴)が売却されました。有難うございました。

2022.10.24

琴リサイクル品のNo7236(紅木玉淵 刳甲琴)が売却されました。有難うございました。

2022.10.24

和楽器三味線販売の花梨長唄三味線販売が売却されました。有難うございました。

2022.10.21

和楽器琴販売の紅木玉淵造り刳甲琴が売却されました。有難うございました。

2022.10.19

三味線販売リサイクル品にNo1584(金ほぞ津軽三味線)が掲載されました。

2022.10.17

三味線付属品販売の軽量長ケースが売却されました。有難うございました。

2022.10.16

和楽器琴販売の紅木上角琴が売却されました。有難うございました。

2022.10.14

和楽器三味線販売の花梨長唄三味線が売却されました。有難うございました。

2022.10.13

三味線販売リサイクル品にNo1628(紅木津軽三味線)が掲載されました。

2022.10.13

琴販売リサイクル品にNo7236(刳り甲琴)が掲載されました。

2022.10.13

琴販売リサイクル品にNo7235(刳り甲琴)が掲載されました。

2022.10.13

琴販売リサイクル品にNo7237(紅木上角琴)が掲載されました。

2022.10.13

琴販売リサイクル品にNo7238(紅木上角琴)が掲載されました。

2022.10.13

琴販売リサイクル品にNo7239(金口前琴)が掲載されました

2022.10.11

和楽器三味線販売の花梨長唄三味線が売却されました。有難うございました。

2022.10.07

三味線付属品販売の津軽用撥が売却されました。有難うございました。

2022.10.05

三味線付属品販売の軽量長ケースが売却されました。有難うございました。

2022.10.04

三味線リサイクル品のNo1621(紅木津軽三味線)が売却されました。有難うございました。

2022.10.04

三味線リサイクル品のNo1601(紅木津軽三味線)が売却されました。有難うございました。

2022.10.03

琴リサイクル品のNo7216(紅木玉淵 刳甲琴)が売却されました。有難うございました。

2022.10.02

和楽器三味線販売の花梨長唄三味線が売却されました。有難うございました。

2022.09.28

琴リサイクル品のNo7221(紫檀半上角琴)が売却されました。有難うございました。

2022.09.25

和楽器琴販売の紅木上角琴が売却されました。有難うございました。

2022.09.21

和楽器三味線販売の花梨長唄三味線が売却されました。有難うございました。

2022.09.19

琴リサイクル品のNo7224(紫檀半上角琴)が売却されました。有難うございました。

 

2022.09.17

三味線リサイクル品のNo1599(花梨津軽三味線)が売却されました。有難うございました。

2022.09.15

三味線付属品販売の軽量長ケースが売却されました。有難うございました。

2022.09.12

和楽器琴販売の紫檀角巻琴が売却されました。有難うございました。

2022.09.12

三味線付属品販売の軽量長ケースが売却されました。有難うございました。

2022.09.10

和楽器三味線販売の花梨長唄三味線が売却されました。有難うございました。

2022.09.05

三味線付属品販売の軽量長ケースが売却されました。有難うございました。

2022.09.03

三味線付属品販売の津軽用撥が売却されました。有難うございました。

2022.09.02

三味線付属品販売の軽量長ケースが売却されました。有難うございました。

2022.09.01

三味線付属品販売の津軽用撥が売却されました。有難うございました。

  • 東京都伝統工芸士認定
HOME