琴・三味線の販売、修理専門

小田急線・京王井の頭線「下北沢駅」徒歩5分

  • 〒155-0032 東京都世田谷区代沢5-29-2
  • 03-3412-4671
こちらはプレビュー画面です

創業・明治34年 琴・三味線 修理・販売

十二世紀 中世
寺院音楽から琴の新しいジャンルが誕生 

貴族の権勢が衰え、武士や仏教の担い手である僧侶が力を持ちはじめる鎌倉時代以降、琴は寺院音楽用の楽器として広まっていきます。水墨画などの絵画、書院や庭園などの建築、茶道や華道などが発展した室町時代には、
琴の演奏においても優れた音楽性や芸術性を追求する様式や型が生まれました。
この時代の終わり頃には、福岡県久留米市の浄土宗・善導寺の僧侶・賢順により、雅楽をもとにした「越天楽」や「春風」「四季のみだれ」などが作曲され、
「筑紫流箏曲(つくしりゅうそうきょく)」というジャンルが編み出されます。やがて時代は戦乱の世に突入。賢順の切り開いた道は、弟子の玄恕、法水の手を経て、後世へと伝承されていきます。

  • 三味線・琴 修理ご希望の方
  • 商品のご案内 琴の販売
  • 三味線販売 商品のご案内
  • 初めての方へ
  • 職人紹介

news更新情報

2022.06.28

和楽器琴販売の花梨ベタ琴が売却されました。有難うございました。

2022.06.25

三味線付属品販売の軽量長ケースが売却されました。有難うございました。

2022.06.25

和楽器琴販売の紫檀半上角琴が売却されました。有難うございました。

2022.06.22

三味線リサイクル品のNo1608(紅木津軽三味線)が売却されました。有難うございました。

2022.06.20

三味線販売リサイクル品にNo1612(紅木津軽三味線)が掲載されました

2022.06.20

三味線販売リサイクル品にNo1620(紅木津軽三味線)が掲載されました

2022.06.20

三味線販売リサイクル品にNo1616(紅木津軽三味線)が掲載されました

2022.06.20

三味線付属品販売の津山撥が売却されました。有難うございました。

2022.06.18

三味線付属品販売の軽量長ケースが売却されました。有難うございました。

2022.06.17

和楽器三味線販売の花梨津軽三味線が売却されました。有難うございました。

2022.06.16

三味線付属品販売の長唄用撥が売却されました。有り難うございました。

2022.06.16

三味線付属品販売の津山撥が売却されました。有難うございました。

2022.06.13

和楽器三味線販売の紅木津軽三味線が売却されました。有難うございました。

2022.06.13

和楽器琴販売の刳甲(紅木玉淵琴)が売却されました。有り難うございました。

2022.06.09

和楽器三味線販売の花梨津軽三味線が売却されました。有り難うございました。

2022.06.09

和楽器三味線販売の花梨長唄三味線が売却されました。有り難うございました。

2022.06.06

和楽器三味線販売の花梨津軽三味線が売却されました。有り難うございました。

2022.06.03

三味線付属品販売の津軽撥が売却されました。有り難うございました。

2022.06.02

三味線販売リサイクル品にNo1619(紅木津軽三味線)が掲載されました

2022.06.02

三味線販売リサイクル品にNo1611(紅木津軽三味線)が掲載されました

2022.05.30

三味線リサイクル品のNo1580(金ほぞ津軽三味線)が売却されました。有り難うございました。

2022.05.30
2022.05.30

三味線リサイクル品の(No1606)紅木津軽三味線が売却されました。有り難うございました。

2022.05.30

三味線リサイクル品のNo1602(紅木津軽三味線)が売却されました。有り難うございました。

 

  • 東京都伝統工芸士認定
HOME