琴・三味線の販売、修理専門

小田急線・京王井の頭線「下北沢駅」徒歩5分

  • 〒155-0032 東京都世田谷区代沢5-29-2
  • 03-3412-4671
Information

創業・明治34年 琴・三味線 修理・販売

The history of Koto

History of KOTO

The history and the trajectory of Koto

琴の歴史Back to nearly 1300 years ago, Nara-era, Chinese Koto and Japanese Koto which seemed to be made in Yayoi-era were combined and gradually refined by people who loved music. As time goes on, more and more people had got attracted by Koto because of the “Shirabe” which healed and silently encouraged people’s hearts. Nowadays, we’re going through busy days surrounded by so many objects. Listening to the sound of Koto makes our bodies and hearts remind of old memories.

3C: Ancient times

琴の歴史The combined thing of Chinese Koto and Japanese Koto blossomed in the concerts at the Court
By the research, Koto was seen as the sacred tool which was used by influential and powerful people. In the 8C, Nara-era, Chinese Koto came to Japan with musical grammar and both Chinese and Japanese Kotos were combined and diversified.
In Heian-era Koto became one of cultures/educations and nobles were expected to be familiar with it. Later, the reform happened and complicated music theories and instruments were organized into Japanese style. The instruments based on Chinese and Japanese Kotos were categorized into Sou, Wagon, and Biwa (all of them are the names of different kind of instruments). In “The Tale of Genji”, those instruments were represented. It was a time that Japanese culture bloomed like Kana-literature, and Koto were familiarized among the upper-class women who served with the Court.

12C: Medieval Period

The birth of new genre of Koto from temple music
In kamakura-era, when the power of nobles declined and samurai or monks began to distinguish, Koto was spread as an instrument of temple music. In Muromachi-era which Japanese style pictures, gardens, architectures, and cultures become prosperous, people started to pursue many ways of playing and types of Koto. In the end of this era, the monk named Kenjun from Fukuoka composed several songs based on Gagaku.
And then, the new genre named Tsukushi-Ryuso-Kyoku was born. When the Warring States period started in Japan, many successors carried on the same way as Kenjun.

12C: Medieval Period

Koto’s spread to the public because of the culture sustained by merchants
After the unification of the nation by Oda and Toyotomi, Edo-era began and the culture sustained by merchants reached its peak. People who played Koto were monk at first but then changed into musicians. Yatuzaki who is the origin of Kyoto’s famous sweets is one of the musicians. He was a musician who lost his sight when he was a little and he studied Tsukushi-Ryuso-Kyoku under Hosui. He generated new compositions of Koto by improving Tsukushi-Ryuso-Kyoku. He produced expressive and skilled way of playing and also made the series of compositions and the basis of certain type of songs called Dan-mono.

This is the way how Koto started to be spread to all over Japan from Kyoto.

The appearance of Yamada school and Ikuta school
When Joruri which is human-feeling-based narratives with puppets were popular around Kyoto, Yamada made Yamada school compositions based on the Joruri in Edo(Tokyo). Furthermore, Ikuta improved the way of tuning of strings and the way of playing to suit the ensemble with Shamisen (Japanese traditional instrument). He composed many famous songs and they are called Ikuta school. Upper-classed merchant made their daughters learn Koto and it became a custom among them around this time. The latter half of Edo-era, very famous songs which were constituted by three different parts were born

The change from one melody to several
Yaezaki made this change by composing songs to be played with Shamisen. By this change, the level of ensemble was dramatically risen. In Kyoryu-Tegotomono which were songs such as “Wakana”, ”Keshi-no-hana”, and “Yugao”. Even now we can enjoy these songs at the concerts. The power of expression of Koto was brought out by musician such as Mitsuzaki and Yoshizaki. There are many love-themed songs, for example Godan-Kinuta which expresses the women’s feelings. Kinuta is a stone to make cloth smooth by tapping, and women think about the person who will wear that and whom they love while they use it.

20C: Modern era and Post-Modern era

The composition techniques influenced by Western music
Modern Japan was born by Meiji Restoration. The songs composed before Meiji-era began to be called as classics. By importing Western lifestyles and way of thinking. New values were brought into Koto’s world. Meiji Shinkyoku (the new songs of Meiji-era) which were composed during Meiji-era often used Western music’s technique. Several song were played pizzicato, plucking strings with nails.

Koto, expressing individual sensitivity and pursuing new style
After Michio Miyagi who is famous for ”Haru-no-umi” (The sea of the spring) appeared, the essense of Japanese and Western styles were come together and modern style was explored by blowing individual sensitivities. Michio Miyagi left around 700 songs after his first composition at 16 years old. He influenced many young composers and musicians. After WWⅡ, post-modern Japanese style music had started to be recognized and then, Western style musician accepted Koto with a kind of surprise. Koto got to be introduced to overseas. While Japan experienced rapid economic growth, there is a boom taking various lessons to improve oneself and Koto became popular among families. Recently, being beyond the genres, artists and groups which are trying to combine Japanese instruments with pops, jazz, and rock music got attentions. Their attitude to pursue new style of music are accepted favorably.

  • 三味線・琴 修理ご希望の方
  • 商品のご案内 琴の販売
  • 三味線販売 商品のご案内
  • 初めての方へ
  • 職人紹介

news更新情報

2021.09.20

和楽器琴販売の紫檀半上角が売却されました。有難うございました。

2021.09.19

和楽器琴販売の紅木上角が売却されました。有難うございました。

2021.09.18

三味線付属品販売の三ツ折軽量ケースが売却されました。有難うございました。

2021.09.17

三味線リサイクル品のNo1528(金ほぞ津軽三味線)が売却されました。有難うございました。

2021.09.17

三味線付属品販売の津山撥が売却されました。有難うございました。

2021.09.15

三味線販売リサイクル品にNo1582(紅木津軽三味線)が掲載されました

2021.09.15

和楽器三味線販売の花梨長唄三味線が売却されました。有難うございました。

2021.09.12

琴リサイクル品のNo7230(金口前琴)が売却されました。有難うございました。

2021.09.10

三味線リサイクル品のNo1581(紅木津軽三味線)が売却されました。有難うございました。

2021.09.10

三味線リサイクル品のNo1578(金ほぞ紅木津軽三味線)が売却されました。有難うございました。

2021.09.10

和楽器三味線販売の紅木津軽三味線が売却されました。有難うございました。

2021.09.07

和楽器琴販売の紅木上角琴が売却されました。有難うございました。

2021.09.06

三味線付属品販売の軽量長ケースが売却されました。有難うございました。

2021.09.05

和楽器琴販売の刳甲(紅木玉淵琴)が売却されました。有難うございました。

2021.09.02

和楽器三味線販売の花梨津軽三味線が売却されました。有難うございました。

2021.08.31

和楽器琴販売の紅木上角琴が売却されました。有難うございました。

2021.08.29

和楽器琴販売の紫檀角巻琴が売却されました。有難うございました。

2021.08.29

和楽器三味線販売の紅木津軽三味線が売却されました。有難うございました。

2021.08.23

琴付属品販売の立奏台が売却されました。有難うございました。

2021.08.20

三味線付属品販売の津軽撥が売却されました。有難うございました。

2021.08.19

和楽器琴販売の刳甲(紅木玉淵琴)が売却されました。有難うございました。

2021.08.17

三味線リサイクル品のNo1567(金ほぞ津軽三味線)が売却されました。有難うございました。

2021.08.16

和楽器琴販売の紅木上角琴が売却されました。有難うございました。

2021.08.13

三味線付属品販売の軽量長ケースが売却されました。有難うございました。

2021.08.11

和楽器三味線販売の花梨津軽三味線が売却されました。有難うございました。

2021.08.11

和楽器琴販売の紫檀半上角琴が売却されました。有難うございました。

2021.08.04

和楽器三味線販売の花梨津軽三味線が売却されました。有難うございました。

2021.08.04

三味線付属品販売の津軽撥が売却されました。有難うございました。

2021.08.04

三味線販売リサイクル品のNo1557(紅木津軽三味線)が売却されました。有難うございました。

2021.07.27

三味線付属品販売の津軽撥が売却されました。有難うございました。

2021.07.22

和楽器三味線販売の花梨長唄三味線が売却されました。有難うございました。

2021.07.19

琴リサイクル品のNo7222(紫檀半上角琴)が売却されました。有難うございました。

2021.07.17

和楽器琴販売リサイクル品にNo7230(金口前琴)が掲載されました

2021.07.15

三味線付属品販売の軽量長ケースが売却されました。有難うございました。

2021.07.13

琴リサイクル品のNo7220(紅木上角琴)が売却されました。有難うございました。

2021.07.12

和楽器琴販売の紅木上角琴が売却されました。有難うございました。

2021.07.08

和楽器三味線販売の長唄用紅木三味線が売却されました。有難うございました。

2021.07.05

三味線付属品販売の軽量長ケースが売却されました。有難うございました。

2021.07.02

琴付属品販売の琴袋(上)が売却されました。有難うございました。

2021.07.02

和楽器三味線販売の花梨津軽三味線が売却されました。有難うございました。

2021.07.01

リサイクル琴販売のNo7225(紫檀角巻琴)が売却されました。有難うございました。

2021.06.28

和楽器琴販売の刳甲琴(紅木玉淵造り)が売却されました。有難うございました。

2021.06.26

三味線付属品販売の津山撥が売却されました。有難うございました。

2021.06.25

和楽器三味線販売の花梨津軽三味線が売却されました。有難うございます。

2021.06.24

和楽器三味線販売リサイクル品にNo1566(紅木津軽三味線)が掲載されました

2021.06.23

和楽器三味線販売の花梨長唄三味線が売却されました。ありがとうございました。

2021.06.22

琴付属品販売の琴袋(上)が売却されました。ありがとうございました。

2021.06.21

和楽器琴販売の紅木上角琴が売却されました。ありがとうございました。

2021.06.21

三味線付属品販売の軽量長ケースが売却されました。ありがとうございました。

2021.06.20

三味線付属品販売の津山撥が売却されました。ありがとうございました。

2021.06.19

和楽器三味線販売の花梨長唄三味線が売却されました。ありがとうございました。

2021.06.19

三味線付属品販売の総桐長ケースが売却されました。ありがとうございました。

2021.06.18

和楽器三味線販売の紅木地唄三味線が売却されました。ありがとうございました。

2021.06.18

和楽器琴販売の刳り甲琴(紅木玉淵造り)が売却されました。ありがとうございました。

2021.06.18

和楽器琴販売の刳り甲琴(紅木玉淵造り)が売却されました。ありがとうございました。

  • 東京都伝統工芸士認定
HOME